日本光画会は社団法人日本写真協会加盟の非営利の写真団体であります。

光展

  • 「光展」は全国公募の写真展で、
    応募作品のジャンルに制限はありません。
  • 本展は大阪市立美術館にて展示、
    その後各地にて巡回展を開催します。
  • 巡回展は現在、徳島県、高知県、
    山口県、三重県、東京都で開催しています。
  • 表彰式及び懇親会は
    毎年、都ホテル大阪にて開催予定。
  • 後援及び賞は官公庁承認の各賞と
    日本光画会の各賞が授与されます。

【後援・賞】

—第51回展迄の実績

・日本光画賞 ・日本光画会長賞 ・光画奨励賞 ・高橋正舟賞

・文化庁・文部科学大臣賞 ・大阪市立美術館館長奨励賞
・日本現代写真家協会賞

・大阪府 ・大阪市 ・枚方市 ・守口市 ・兵庫県 ・神戸市
・徳島県 ・徳島市 ・三重県 ・鈴鹿市 ・四日市市 ・亀山市
・高知県 ・高知市 ・山口県 ・周南市 ・下松市

・大阪府議会 ・大阪市会 ・守口市議会
・徳島県議会 ・三重県議会 

・大阪府教育委員会 ・大阪市教育委員会 ・守口市教育委員会
・枚方市教育委員会 ・兵庫県教育委員会 ・神戸市教育委員会

本会創立の趣旨

日本光画会は公益社団法人日本写真協会の賛助会員で非営利の写真団体であります。
日本写真界の現状については常に世界的な関心が高まっておりますが、時流の先端を
進む写真作家はとかく中央に集中しがちであり、地方の優れた文化、伝承、風俗などを
記録し続ける人達は、その作品を発表する機会が少なく、また写真に関わる芸術的理論
や研究の場も地方に於いてはまだまだ充分とは申せません。
それに伴う写真技術の方も専門の指導者が無いままに主にカメラ雑誌等の出版物に頼る
あまり単なるものまねになってしまい、没個性の作品となりつつある傾向にあります。
本会は以上の点に留意し地方の写真作家の発掘と写真技術の向上を図ろうという趣旨の
もとに活動している写真団体です。

日本光画会について

写真家の故高橋正舟先生が関西の有力プロ・アマ写真家の要請を受け、昭和40年に高知県、
和歌山県、三重県、岡山県等のプロ写真家及びアマチュア写真家を結集して発足し、翌
昭和41年に「第1回光画会写真展」を阪急さくらギャラリーにて開催。
      (その後、順次支部の創設を行い各地で「光展」巡回展を実施)
平成 4年 文部大臣奨励賞 拝受。
平成 9年 大阪市立美術館に於いて関西本展を開催。
平成 17年 文部科学大臣奨励賞に代わり文部科学大臣賞 拝受。
平成 30年 東京都美術館にて関東展開催予定。

展示作品集(図録販売)

第46回~第50回(約60ページ)は1冊1,000円。
第51回は1冊1,500円。
送料は、1~3冊まで500円、4~10冊まで1,000円、10冊以上はお問い合わせください。

ご希望の方は「お問い合わせ」からお申し込み下さい。